お産合宿1日目

 

お産の題材はこちら

https://twitter.com/pepabo/status/1176688489183604737?s=20

 

チーム紹介はこちら(11分あたり)

https://twitter.com/wajimaf/status/1176788288650133504?s=20

 

作業用草刈機(ビーバー)はこちら

 

 

今回のお産合宿では、

作業用草刈機(ビーバー)を使用時に、作業者の足や他の人にあたる事故を未然に防げるように

作業者の足や他の人が近づくと検知するシステムを作ります。

自分でも実際に作業用草刈機(ビーバー)を使用したことがあり、

作業中の音がすごいので後から近づいてくる人にきづかず、

作業者が振り向きざまに近づいた人と接触する事故が起きてしまいます。

そこに着目して、事故を未然に防げるようなシステムを作りたいと考えました。

 

今回はそのようなシステムを実現するために

M5StickVとM5Stackを使用しました。

M5StickVで人を検知させて、作業者に音を鳴らす。

M5StickVとM5Stackを連携して、

M5Stackで作成した作業用草刈機(ビーバー)の回転している歯をとめる。

ここまでをお産合宿で作成できたらいいなと思いました。

 

1日目でM5StickVで人の顔を検知したら設定した音を鳴らすことができました。

そのあとに、人の顔でなく人自体を検知するようにできました。

また、M5Stackでお手製の作業用草刈機(ビーバー)のプロトタイプもできました。

ここまではわりといい感じに進んできました。

 

モーションセンサーも動かしたりして、

人の検知する仕組みとして使用したかったが、

モーションセンター自体が動くとセンサーが反応してしまうので、

今回のシステムでは動くことが前提なので、使うことは断念しました。

 

夜からM5StickVからM5Stackをシリアル接続して、

いい感じに連携するようにしたがったがうまくいかず

夜な夜な作業しデバックしまくった。

 

1日目はそんな感じで明け方にみんなで仲良く、

開発合宿の会議室で寝ました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

関連する記事
コメント
コメントする