Legacy Code Meetup Kagoshima 2019

http://legacycode-meetup.site/

 

先日「Legacy Code Meetup Kagoshima 2019」に参加してきました!

タイムスケジュールは以下です。

時間 内容 講師
12:30 - 開場・受付開始
13:00 - 13:15 開会のあいさつ 吉永 満太朗
13:15 - 14:00 私が取り組んだレガシーコード改善 柴田 芳樹
14:10 - 14:55 永続性のあるセキュリティの実現に向けて、私たちができること 西村 宗晃 (にしむねあ)
15:05 - 15:50 レガシーの複雑さに立ち向かう 〜ドメイン駆動設計のアプローチ 増田 亨
16:00 - 16:30 パネルディスカッション
16:30 - 17:00 LT x5
17:00 - 17:10 終了のあいさつ 吉永 満太朗

 

1.私が取り組んだレガシーコード改善 柴田 芳樹

柴田さんはドキュ・プロの開発や印刷機の開発に携わった時の話をしてくれました。

自動テストが無かった時代の苦労話が面白かった。テストは全て手作業で実施していた時代に夜間ビルドを導入してテストを自動化したそうだ。ビルド担当者が帰っていいですよというまで帰れまてんをやっていたそうだ。

 

 

 

2.永続性のあるセキュリティの実現に向けて、私たちができること 西村 宗晃 (にしむねあ)

西村さんは脆弱性を探すのが趣味。Firefoxの脆弱性を見つけて2000万円ゲットしたそうだ笑うらやましい。

西村さんの会社では新人研修で「Bad SNS」という脆弱性がいくつか潜んでるシステムの脆弱性見つけて、

コード修正まで行うという研修をやってるそうだ。見つけ切らないと講師から攻撃されるそうです笑

 

 

 

3.レガシーの複雑さに立ち向かう 〜ドメイン駆動設計のアプローチ 増田 亨

レガシーにどう立ち向かっていったのかという話をしてくれた。

DB設計がいけてない、設計書の資料がない(古くて一致してない)時に、実際に使われているデータ(事実の記録)が

最大の手がかりに実際のシステム動きを確認していたそうです。

またマニュアルをPDFで作成したあとに、修正を付箋で貼ったりしてマニュアルがきちんと管理されていなかったので、

実際の動きを確認するのにかなり大変だったという話を聞いて、今ではツールを使ってマニュアルを管理したりしているが、

昔はアナログに管理していたようなので大変だっただろうなーと感じた。

 

まとめ

今回はレガシーコードについて様々な話を聞くことができた。

レガシーの定義について、登壇者が討論する時間があったが、

その中でシステムコードは金を稼ぎ始めたらレガシーになるという話があり、

そういう考え方もあるのだなと学んだ。

レガシーを改善の活動をつづけいくこと大事ということが分かったので、

自分自身も改善活動に取り組んでいくぞ!!

 

あまり上手にまとめられませんでした涙

おわり

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1